アフターピルで有名なアイピルを備え薬としておく

まだ子どもを持つには早い、妊娠しても経済的に育てるのは難しいと現時点で妊娠を希望していない人は、性交渉する際にしっかりと避妊しておく必要があります。
妊娠の危険性はコンドームを使用することで高い確率で回避できますが、不安がある人は緊急時のために有名なアフターピルであるアイピルを備え薬としておくことが最適です。

コンドームをつけていても外れてしまったり破れてしまい、避妊対策に失敗することがあります。
受精する可能性が格段に上がる危険日に失敗したら、さらに妊娠しやすくなってしまいます。
コンドームによる避妊対策が上手くいかなかった時のことも想定して、アフターピルのアイピルを備え薬に準備しておくことをおすすめします。

卵巣がある女性は黄体ホルモンの分泌が多いですが、避妊が失敗してしまった後でも黄体ホルモンを含んでいるアイピルを飲んでおけば、ホルモンの分泌を抑えられるので子宮に着床することを阻害することができます。
アフターピルを飲んでも本当に避妊作用があるのかの心配があるかもしれませんが、避妊失敗後の72時間以内に服用すれば高確率で妊娠することを防げます。
72時間以内であれば妊娠するリスクを低下させることができますが、より妊娠の危険性を下げたいのならすぐに飲むようにしましょう。

アフターピルであるアイピルは購入するには一般的に婦人科などを受診して、医師に処方してもらい出してもらうようになります。
ピルが欲しい場合には医療機関を受診して、処方してもらうようにしてください。
アイピルは病院経由で購入しても保険がきかないので、全額自己負担となってしまいます。
アイピルの値段は1万円以上し病院の診療代も含めると、購入にかかる費用は2万円前後かかります。

アイピルを実際に服用する事態になった場合には、服用は72時間以内にする決まりを守る他にも量に注意することが大切です。
ホルモンに働きかける薬となるので、1日1錠のみが規定の量になります。
それ以上飲むと体に負担となる恐れがあるので、用量はしっかりと守ることです。

ネットでアイピルを買うと安いのでおススメ!

アイピルは普通の薬と違って保険適用外の薬となるので、全額自己負担で購入することになりお金がかかります。
病院で医師に診てもらって出してもらうことになるので、すぐに欲しいと思っても簡単に買うことができない薬です。
アイピルの値段は1万円以上してしまうので、もっと安い値段で購入したいと思っている人にはネット通販で買うことがおすすめの方法となります。
ここでは、アイピルをネット通販で購入して備えておくことを強くお勧めします。

病院経由で買えば1万円以上の値段となるアイピルですが、ネット通販では海外で販売されている医薬品の個人輸入ができるのでもっと安い値段で買うことができます。
ネット通販の業者では個人輸入の代行をしている所がありますので、そちらを利用すれば簡単に手続きをしてもらいピルを手に入れられます。

ネット通販で買う方法が病院経由で買うよりもどのくらい安くなるのかというと、アイピルは1シートで何と1000円以下の値段で買える場合もあるのです。
安い値段でアイピルを備え薬として購入したいようならネット通販で個人輸入代行をしてもらいましょう。
ネット通販の個人輸入代行業者を選ぶ際には、依頼する予定の業者が信頼できる所かも確認して契約することです。
中にはアイピルの偽物を購入させる違法な業者も少なからずいるので、契約前に正しい業者であるか見るようにします。

個人輸入で申し込んだら海外から輸入することになるので、1週間前後かかることもあります。
備え薬として家に置き続けておくことにするなら、いまあるピルがなくなってしまう前に届くタイミングを見ながら購入することが適しています。
薬が届くのに時間がかかることがネット通販のデメリットとなりますが、病院経由で買うよりも半額以上安い値段で買えるのでお得です。

関連ページ