ピルは避妊効果だけではない!く女性の悩みを改善

ピルは女性自身が主体的に行うことができる避妊法です。
パートナーである男性に避妊を頼まずとも自分で自分の体を守ることが出来ます。
望まない妊娠を避け、本当に望むときに妊娠を選べる手段です。体に負担をかけない低用量ピルが主流です。

ピルは毎日欠かさず飲むことで避妊効果がえられます。
毎日、歯みがき後、朝ごはん後など、飲むタイミングを決めておけば、飲み忘れを防ぐことが出来ます。
飲み忘れた日には性交時にはコンドーム等の使用を心がけてください。

ピルの飲み始めの時期には吐き気を感じることがありますが、次第に慣れていきます。
頭、胸、足などにはげしい痛みを伴うような副作用が出た場合は、すぐ、処方してくれた医師に診てもらってください。
ピルの効果は、まずは、優れた避妊効果です。排卵を抑えるため、受精する確率が減り、受精したとしても子宮内膜を増殖させないために、受精卵は着床しにくくなります。

また、子宮頸管から出る粘液を精子が侵入しにくくなるものに変えます。
そしてピルはそういった優れた避妊効果だけではなく、他にも良い効果をたくさんもっています。
排卵が抑えられるので、子宮内膜の増殖も抑えられて、生理の量も減り、貧血にもならなくなって体が楽になります。

生理痛も軽くなります。月経周期が整い、月経不順が改善します。
規則正しく生理が来ることで、ホルモンバランスも自然に整えられていきます。
生理が重かったり、月経前症候群で苦しい思いをしている人にも向いています。
避妊効果と生理を整える効果で、身も心も楽になるでしょう。

また、がんの発生率を減らし、それはピルをやめた後もその効果はつづきます。
体に負担がほとんどないものですから、生理不順、月経過多、イライラなどに悩んでいる方はお医者さんと相談の上服用してみると良いでしょう。
ピルは女性の強い味方と言えます。しかし、性感染症の予防には役立つものではありません。
感染の可能性がありそうなときは、必ずコンドームの併用をしましょう。

美容目的で服用している女性も多い

ピルは避妊、生理不順、生理痛の改善に対して役立つだけではなく美容目的で使う人も多くいます。
美容に効果があるとは、ホルモンバランスを整えるためにお肌の調子がよくなり、つるつるしっとりのお肌へと導かれることにあります。
そして、ニキビも出来にくくなります。
ニキビはしみのもとにもなりますから、できないのはとても嬉しいですね。
そして、ホルモンバランスが整うということは体調がよくなり、髪もつややかになってフサフサしてきます。
こんな風に様々な利点があるピルは多くの女性に愛用されています。
ピル=避妊と決めつけないで、体の状態をよくして毎月の生理期間を楽に過ごしていくためにも役に立ちますから、使用を考えてみてはどうでしょうか。
生理が毎月重くて勉強も仕事も苦しい時期があるという方は是非産婦人科の先生に相談してみましょう。
ニキビなど、お肌の状態もよくなりますから美容目的にも大変役立つと、これでわかったことでしょう。
女性にとって嬉しい効果がたくさんあり、男性に対して自分の身を自分で守れるピルは女性の味方であることがよくわかりました。
しかし、赤ちゃんにおっぱいを上げている時は母乳の分泌が抑えられる可能性があるので使わないでください。
煙草を吸う人は心筋梗塞などの病気になる可能性が高まりますので使用は勧められません。
そのほか、高血圧や心臓肝臓腎臓に病気がある人は使えないことになっています。
ほかにもなにか持病のある人は使えない可能性もありますので、お医者さんによく聞いてみてください。

女性は自分の体のことを相談できるお医者さんがそばにいると安心です。
良いお医者さんを探してかかりつけ医になってもらいましょう。
解らないことはどんどん質問すればよいのです。

ピルはお医者さんで処方してもらいましょう。

関連ページ